国慶節に8日間出勤したら北京ではいくら稼げる?

中国の建国記念日にあたる10月1日を含む大型連休「国慶節」。今年の国慶節は10月1日から8日まで8日間である。
中国の労働法によれば10月1日から4日までは法定祝日であり、その日に勤務した場合の残業代は300%であり、代休として相殺することが出来ないと定められている。5日から8日までは労働者は代休を選ぶか200%の残業代が適用される。仮に北京の最低賃金(2000元)で残業代を計算してみると、

10月1~4日:
賃金(2,000元)÷月間通勤日(21.75日)×3(割増:300%)×4(日数)≒1,104元

10月5~8日:
賃金(2,000元)÷月間通勤日(21.75日)×2(割増:200%)×4(日数)≒736元

合計(10月1~8日):1,840元
となる。

2017年9月27日 人民網

1,840元は現在のレートで約3万円。意外と少ないと感じるかもしれないが、記事の中では2016年の北京市の月平均給料7,706元での計算結果も記されている。これによれば、国慶節8日間を出勤すると給料とは別に7,086元(≒113,300円)を得られる。こちらの方がより現実的な数値であり、日本とそれほど差がないことが分かる。

国庆中秋加班8天能赚多少? 北京至少1840元

出典: www.sohu.com