天安門の毛沢東の肖像画は何故毎年掛け換えるのか?

中国成立68周年間近の9月27日夜、天安門の毛主席像が新しく架け替えられた。作業はおよそ1時間で完了した。
天安門の毛沢東肖像画は毎年国慶節前に取り替えられ、この慣例は51年も続いている。天安門広場備忘録(西苑出版社)によると、肖像画は高さ6m、幅4.6m、重量1.5t。これはアジアだけでなく東半球で最も大きな手描きの肖像画である。毎年描き換えられる肖像画は通常8月の立秋前に描き始め、国慶節には新しいものに替わっている。
1949年10月1日に最初に掲げられてから1966年8月までの間は、重要な祝祭日に10日間掲げられていたが、1966年8月以降は毎年国慶節の前に新しい肖像画に架け替えられるようになった。1949年から現在に至る60年間、肖像画は8度タッチが更新(作家が変わる)されている。尚、現在の肖像画は第8版であり、1967年から王国棟と葛小光によるものである。

2017年9月28日 人民網

 

网报道,为迎接新中国成立68周年,9月27日晚,天安门城楼毛主席像换新。 施工人员动用了两辆吊车和一辆货车,取下旧画像,将最新绘制的毛主席画像悬挂在了天安门城楼上。整个换像过程从9月27日的晚11时,到9月

情報源: 天安门城楼上的毛泽东像,为啥年年换?