90後の結婚費用は平均25万元

北京の90後(1990年代生まれの男女)は婚礼費用に平均約24.8万元(新居の費用は含まず)かける。これは2年間の給料に相当する。尚、費用の内訳は披露宴会場費10万元、婚礼サービス一式5万元、新婚旅行2.5万元、貴金属アクセサリー2.5万元、婚礼衣装2万元、婚礼用品2万元、婚礼撮影0.8万元である。いまだに国内のほとんどの新婦はウェディングドレスをレンタルするが、最近はオーダーメイドのウェディングドレス市場が活況を呈している。90年後は独立志向が高く、個性的で他人と同じモデルのドレスを避ける傾向にあることが人気の理由と考えられている。

中国青年報
2017年12月5日

24.8万元は今のレートで421万円。新郎はこの費用に加え、新居とクルマを別途用意しなければならない。小皇帝(中国の一人っ子)には財布が6つあると言われているが、その分期待も大きいことを意味する。進学から就職、結婚、出産に至るまで、中国の若者は人生の節々で大きなプレッシャーを感じながら生きている。

90后一场婚礼平均花费25万 网友:我还是继续单身吧

出典: new.qq.com