ネットの男友達から与えられた牛乳を飲んで乱暴される

近年、中国では麻薬や薬物関連の犯罪が深刻な社会問題となっている。2015年の中国国家反麻薬委員会が発表した資料によれば、中国国内では1,400万人以上が麻薬を使用し、年平均36%も増加している。中には無意識に麻薬を使用させられるケースもあり、特に女性が主な被害者である。一見したところ普通の菓子や飲料水であるが、中身の粉末を吸引すると「エクスタシー」と同様強烈な幻覚作用を引き起こす。このような偽装麻薬は飴やスナック菓子、酒、飲料水などにみられ、中身が麻薬と知らずに服用することで性的暴行や盗難などの被害が各地で相次ぎ、中毒死する事件も発生している。

杭州網-都市快報
2017年12月12日

杭州ではパーティー会場で笑気ガスを吸引する若者も増えているとのことである。人口の約100分の1にあたる1,400万人という数値は盛り過ぎだと思うが、日本でも年間1万人以上が薬物事件で検挙される事実からすると100人にひとりが麻薬や覚せい剤に絡む違法行為をしているとしても、それほど現実と乖離した数値ではないのかもしれない。

杭州女孩喝了男网友给的“牛奶” 遭到对方侵犯

出典: zj.qq.com