新しい消費パワーが中国経済を牽引

2017年の経済発展や内需の熱量を示す指標が次々と発表されている。例えば、中国独身の日にネット上での取引販売額はアメリカのブラックマンデーの5倍、社会消費財小売総額は前年同期比10.3%増などなど。消費者の商品やサービスに対する信頼度が向上(消費者信頼指数:114ポイント超)したことや新しい商品への買い替え速度が速いことが主な要因である。一方、福祉や教育、文化、健康などへの需要は急速に増大しているが、依然として中国市場に良質な商品やサービスの供給が不足している課題も指摘されている。

人民日報
2017年12月19日

2018年は中国の一般庶民に富が再分配されつつある発展ぶりや、中産階級が中国マーケットの主役を担う傾向がより鮮明になると考えられる。

新消费 拉着中国经济跑

出典: finance.people.com.cn