農村観光市場が急速に発達

メーデーの連休を目前控え、長江デルタ地帯の農業レジャーと農村観光の業界が博覧会を開催するなどの販促プラットフォームを起ち上げ、観光客や旅行団体へ向け当地の美しい田園地帯における田舎体験をPRした。

今回の展示会において、中国農業連合や上海の崇明、松江地区の特別ブースが出展し、また浙江や重慶のデルタ地域のパビリオン、更には長江デルタ農業レジャー観光や農村観光関連の様々な企業の展示ブースが出展するなど最終的には280もの企業・団体が参加するに至った。

上海市農務委員によれば「(上海市民にとって)メーデーのようなちょっとした休暇には、長江デルタ地区内のエリアへの中短距離旅行がアジャストする。旅客の観光需要と地域の農業レジャーや農村の観光資源をマッチングさせることで多彩な旅行計画、選択肢を供給することができる」と言及した。

また、業界筋によれば、長江デルタの農業レジャーと農村観光産業は急速な成長期に入り、市場における位置づけも向上した。農家の収入も増加し、都市住民が休日をのんびりすごす新しい農村ライフスタイルを目指すことも珍しくなくなった。

上海においては、現在22の農業レジャー&農村観光エリア、関連観光スポットは325存在し、年鑑の観光客数は既に1,928万人に達し、93億元の営業収入と2.84万人の雇用を生み出している。

中国旅遊新聞

江南には市街地からクルマを1時間程走らせると映画に出てくるような美しい農村が点在する。ここ数年来、郊外へドライブに出かけ、現地の農村料理を堪能する小旅行が流行っているのも必然であろう。訪日観光客の消費行動と同様、中国国内の観光市場においても、農業体験やローカルのアクティビティが強力な訴求力を有する観光資源として注目を集めている。

长三角休闲农业和乡村旅游业实行“节前推介”

出典: zgly.xinhuanet.com