中国のニュース

90後の結婚費用は平均25万元

北京の90後(1990年代生まれの男女)は婚礼費用に平均約24.8万元(新居の費用は含まず)かける。これは2年間の給料に相当する。尚、費用の内訳は披露宴会場費10万元、婚礼サービス一式5万元、新婚旅行2.5万元、貴金属アクセサリー2.5万元、婚礼衣装2万元、婚礼用品2万元、婚礼撮影0.8万元である。いまだに国内のほとんどの新婦はウェディングドレスをレンタルするが、最近はオーダーメイドのウェディングドレス市場が活況を呈している。90年後は独立志向が高く、個性的で他人と同じモデルのドレスを避ける傾向にあることが人気の理由と考えられている。

中国青年報
2017年12月5日

24.8万元は今のレートで421万円。新郎はこの費用に加え、新居とクルマを別途用意しなければならない。小皇帝(中国の一人っ子)には財布が6つあると言われているが、その分期待も大きいことを意味する。進学から就職、結婚、出産に至るまで、中国の若者は人生の節々で大きなプレッシャーを感じながら生きている。

90后一场婚礼平均花费25万 网友:我还是继续单身吧

出典: new.qq.com

新疆で世界最大級の油田発見

新疆ウイグル自治区ジュンガル盆地の瑪湖凹陥中心区において10億トン規模の礫岩油田が発見された。これは現在世界で最大級の礫岩油田である。当油田には12億4千万トンの埋蔵量があると推計されているが、その内5億トンの埋蔵が明らかにされており、この量だけでも中国最大級とされるカラマイ油田の産出量に相当する。

中国新聞網
2017年12月1日

西部大開発は中国内陸部のインフラ整備や経済を支える国家プロジェクト。新疆やチベットなど辺境の地に顕在化する経済格差是正や民族紛争の鎮静化など、地域の安定化に期待したい。

新疆玛湖地区发现十亿吨级砾岩油田 系目前世界最大

出典: new.qq.com

頭部移植は可能か

中国のニュース各社は「イタリア人神経外科医カナヴェーロ医師が世界初の頭部移植が遺体で成功した」と高い関心をもって報じたが、ハルピン医科大学で18時間をかけて行われたこの「手術」には様々な問題も浮かび上がっている。生きた人間で成功するのか? 成功したとしたらそのヒトは誰なのか? そもそも遺体の頭部を換える行為は手術なのか? などなど、世界の医学界で継続的に論争されているが、倫理的な問題も多く残されている。

中国新聞網
2017年11月21日

『人類史上初の頭部移植』の割には日本メディアの反応は芳しくなかった。今回は遺体においての施術であったことも関連していると思うが、手術やニュースそのものに学術的に扱えるだけの信憑性やエビデンスに乏しいためと考えられる。しかし、犬やサルである一定の成果を上げていることが事実だとすれば、近い将来、世間があっ!と驚くような大きな進展があるかもしれない。

头颅也能移植?解析人体“换头术”背后五大疑问

出典: news.qq.com

全国公衆トイレのアプリ配信開始

11月19日の「世界トイレの日」に合わせて「全国公衆トイレプラットフォーム(アプリ)」が配信された。このアプリを使えば中国全国の33万箇所のトイレの状態が数秒で明らかになる。実際にトイレを利用して感想や評価などの情報を構築・共有することにより、リアルタイムでトイレの管理状況を監督し、公衆トイレの管理レベルを高めることが狙い。

新華社北京
2017年11月19日

中国に生活していて便利だと実感することのひとつが公衆トイレである。繁華街でも住宅街でも少し歩くと公衆トイレが目に入り、何度もお世話になった。近年は清掃が行き届いているトイレも増えているので本当にありがたい都市インフラである。かつて中国旅行の土産話といえばトイレ事情がお約束であったが、それも今は昔。中国の公共サービスも日々向上している。

全国公厕云平台”上线:全国33万条厕所信息秒查

出典: tech.qq.com

中国におけるハロウィーンパーティー事情

ハロウィーン前夜、吉林省長春のとあるBARでハロウィーンパーティーが開催された。
会場には300人以上の若者が集まった。京劇に用いる化粧道具でホラーメイクを施してコスプレを楽み、ダンスやゲームで仕事のプレッシャーから解放され、参加者は各々楽しく過ごしたようだ。近年、中国の若者はクリスマスを重視する傾向が強くなっているが、ハロウィーンもお祭りのひとつとして認識されつつある。

騰訊新聞(ユーザーからの投稿)
2017年10月29日

美女帅哥“装神弄鬼”  万圣节派对演恐怖大片

出典: view.inews.qq.com

ホワイトカラー求職調査レポート:全国平均求職月給7,599元

智聯招聘が発表した「2017年秋期中国雇用主の需要とホワイトカラーの人材供給レポート」によると、全国の主要37都市の平均求人月給は7,599元であり、前同期比3%上昇した。
北京の平均月給は9,900元であり依然第1位を保持し、次いで上海、深セン、杭州が上位を占め、これらのランキングに変動はなかった。大きな変化は、寧波の給与水準が広州を超え第五位にランクインし、海口が前期13位から一気に7位に上昇した。

9月末の全国求人倍率は30.4であった。都市別の競争度合をみると、北京、深セン、上海の順であり、瀋陽の競争指数が成都を超えていることは注目に値する。これは瀋陽が立て続けに人材優遇政策を打ち出していることが関係している。高学人材採用に助成するなど、瀋陽は人材を産み出し、継続的に優良な人材サービスを提供することに注力している。

総合的にみると、都市の求職競争指数ランキングはやや変化しているものの、それほど大きな変動はないことが明白である。しかしながら、新一線都市は急速に発展し、人材の需要は熾烈である。これらの都市は続々と人材優遇施策を打ち出し、戸籍や部屋などへの助成で人材を吸引し、一定の効果を上げている。

職種別でみると、高級マネージャーが20,019元でトップ。他の職種と比較すると唯一2万元を超えている。次いでITマネージャーで14,127元、法律・法務関連が9,252元である。

2017年10月19日 中国新聞網

https://news.qq.com/a/20171019/001305.htm

17地区の最低賃金が軒並み上昇 4地区で2,000元を超える

2017年の各都市における最低賃金が昨年より大幅に引き上げられた。
概算統計ではあるが、現在少なくとも17地区で最低賃金の標準値が公表され、上海、深セン、天津、北京、江蘇、山東、吉林、内モンゴル、湖北、河南、福建、山西、陝西、寧夏、甘粛、青海など17地区は昨年より引き上げられている。
昨年、最低賃金が前年より増加した地区は9地区だけであったが、今年は大幅に増加した。その中で上海、深セン、天津、北京における月の最低標準賃金は2,000元以上である。上海は2,300元で全国で最も高く、次いで深センが2,130元、天津は今年初めて2,000元を超え2,050元であり、北京は2,000元ちょうどである。
「最低工資規定」によれば、一般に最低賃金は月の最低賃金および最低時間給を示したものである。月最低賃金は全日就労労働者に適用され、最低時間給はパートタイマーに適用される。省や自治区、直轄地により、それぞれ異なる最低賃金基準で運用されている。また、正常な労働環境のもと、職場は労働者に残業代や夜勤、高温低温、有毒もしくは有害物質のある特殊な就労環境などの手当や福利厚生を除いて最低賃金支払わなければならない。
最低賃金の中には年金や保険など、いわゆる「五険一金」が含まれている地区と含まれていない地区があるなど規定が異なる。例えば内モンゴル自治区では最低賃金の中に養老保険や医療保険、失業保険などは含まれている。一方でそれらの保険は明確に含まれていない地区もあり、これらの地区では最低賃金の「お金の純度」は自ずと高くなる。北京や上海では労働者個人が支払うべき各社会保険と住宅積立金は最低賃金に組み込まず、会社などの職場が規定に基づいて支払っている。

2017年10月12日 中新網北京

中新网北京10月12日电 (记者 李金磊)2017年提高最低工资标准的地区数量较去年大幅增加。据不完全统计,目前至少已有17个地区公布了2017年最低工资标准。其中,上海、深圳、天津、北京的月最低工资标准2000元。 1

情報源: 今年已有17地区提高最低工资 这四地2000元

国慶節連休前半で4.61億人が旅行に出かけ、3,856億元を消費

中新網北京の報道によれば、国慶節の8日間の超大型黄金週間の前半4日間で4億6千万人(11.4%増)が旅行などで移動し、3,856億元(13.5%増)を消費したとみられている。
また、国家旅遊局は、この8日間の連休で国内の旅行人数が7億1万人に達し、関連業界内では5,900億元の収入に達すると発表。2008年と比較すると人数は約4倍、収入は7倍に増加した。
特に人気が高い観光地は杭州の西湖、北京の故宮、上海の外灘など、多くの人出でにぎわっている。これら急激に人の流れが増大した影響で移動通信(4G)が不安定となり、アモイや南京では急激に観光客が増加し、微信の朋友圏(タイムライン)が更新されない現象も起きている。
このような一部観光エリアでは人の流れを制限している。例えば黄山風景区では晴天では最大観光客を5万人、劣悪な天候時は3.5万人に制限し、これらの上限に達した際、団体旅行客を受け入れない措置もとられている。
連休後半にあたる10月7日、8日は旅客が帰路につくラッシュを迎える。特に蘇通大橋北、張家口北、白廟、広清、深セン大梅沙などの料金所はクルマで混み合うと予測されている。

2017年10月5日 中国新聞網

  中新网北京10月5日电 (记者 程春雨)8天的超级黄金周过半,前4天共有4.61亿人次出游,共花3856亿元。有媒体甚至报道出现了部分景区因为游客太多,影响手机上网、点不开朋友圈的现象。你现在是在外旅游,还是昨天(

情報源: 黄金周过半:4.61亿人次出游花了3856亿 你花多少?

天安門の毛沢東の肖像画は何故毎年掛け換えるのか?

中国成立68周年間近の9月27日夜、天安門の毛主席像が新しく架け替えられた。作業はおよそ1時間で完了した。
天安門の毛沢東肖像画は毎年国慶節前に取り替えられ、この慣例は51年も続いている。天安門広場備忘録(西苑出版社)によると、肖像画は高さ6m、幅4.6m、重量1.5t。これはアジアだけでなく東半球で最も大きな手描きの肖像画である。毎年描き換えられる肖像画は通常8月の立秋前に描き始め、国慶節には新しいものに替わっている。
1949年10月1日に最初に掲げられてから1966年8月までの間は、重要な祝祭日に10日間掲げられていたが、1966年8月以降は毎年国慶節の前に新しい肖像画に架け替えられるようになった。1949年から現在に至る60年間、肖像画は8度タッチが更新(作家が変わる)されている。尚、現在の肖像画は第8版であり、1967年から王国棟と葛小光によるものである。

2017年9月28日 人民網

 

网报道,为迎接新中国成立68周年,9月27日晚,天安门城楼毛主席像换新。 施工人员动用了两辆吊车和一辆货车,取下旧画像,将最新绘制的毛主席画像悬挂在了天安门城楼上。整个换像过程从9月27日的晚11时,到9月

情報源: 天安门城楼上的毛泽东像,为啥年年换?

国慶節に8日間出勤したら北京ではいくら稼げる?

中国の建国記念日にあたる10月1日を含む大型連休「国慶節」。今年の国慶節は10月1日から8日まで8日間である。
中国の労働法によれば10月1日から4日までは法定祝日であり、その日に勤務した場合の残業代は300%であり、代休として相殺することが出来ないと定められている。5日から8日までは労働者は代休を選ぶか200%の残業代が適用される。仮に北京の最低賃金(2000元)で残業代を計算してみると、

10月1~4日:
賃金(2,000元)÷月間通勤日(21.75日)×3(割増:300%)×4(日数)≒1,104元

10月5~8日:
賃金(2,000元)÷月間通勤日(21.75日)×2(割増:200%)×4(日数)≒736元

合計(10月1~8日):1,840元
となる。

2017年9月27日 人民網


1,840元は現在のレートで約3万円。意外と少ないと感じるかもしれないが、記事の中では2016年の北京市の月平均給料7,706元での計算結果も記されている。これによれば、国慶節8日間を出勤すると給料とは別に7,086元(≒113,300円)を得られる。こちらの方がより現実的な数値であり、日本とそれほど差がないことが分かる。

 

北京国庆中秋加班8天至少能赚1840元 今年国庆“撞”中秋,十一“黄金周”即将来临,作为名副其实的“小长假”,对于部分上班族而言,加班却是不能避免的,甚至有些人可能要面临8天假期全部加班的状况。那么2017国庆节

情報源: 国庆中秋加班8天能赚多少? 北京至少1840元

小米の就職説明会 日本語専攻学生に対して差別的発言

中国大手Mobileメーカー「小米」の就職セミナーにおける反日発言が波紋を広げている。採用担当者である秦涛は「われわれには海外マーケットがあるので、英語やアラビア語を専攻している学生は歓迎するが、日本語を専攻している学生は立ち去ってもよい。或はAVの仕事なら与えてやってもよい」と事実上一部の学生を締め出す発言をした。実際、この発言を受けて、日本語を専攻していた何名かの学生は退席している。このことは当日参加していた学生のSNSにより拡散され、ローカル紙である河南商報が伝えた。その後、小米から学生に向けて謝罪文が発せられ事態の鎮静化をはかった。

2017年9月23日 環球網


中国と関わりをもって仕事を行う中、このようなあからさまな反日エピソードにいちいち凹んでいては身が持たない。しかし、小米は今や中国国内だけでなく、世界的ブランドに成長しているだけに残念。日本のメディアもあまり大袈裟に扱う気配はないが、まだ本格的に日本へ進出していない小米が今後日本へどのようにアプローチするか注目したい。

 

米招聘会被指歧视:日语专业该去从事电影事业

情報源: 小米招聘会被指歧视:日语专业该去从事电影事业