日本製品に対する人気は陰りをみせています。
舶来品が珍しい時代は終わりました。

世界中の高級ブランド品、海外で話題の洋菓子、秘境旅行、業界最先端のエステはもちろん、不動産でさえもネットで購入が可能です。
中国製品のクオリティも急速に向上しています。内陸部でも、ちょっとした大きな街では洗練された商業ビルに若者が押し寄せ、ファーストフードやコンビニの佇まいも日本と変わりません。

ネットのサービスやアプリも多様で柔軟性に富み、その使い勝手の良さに驚かされます。物販に限らず、ほとんどのサービスや決済はモバイルを数回タップすれば完了。高いIoT技術や新しいビジネスモデルが生活の隅々まで浸透している実態を目の当たりにする機会が増えました。

中国マーケットは我々の想像を超えるスピードで進化を続けています。