回想録 山ぐるみの開発輸入を着想

2019年の3月。
初めて山ぐるみを食べてから10年経過していた。

杭州にある臨安の特産物専門店で久しぶりに山ぐるみを食べた。
それまでにも山ぐるみは何度か口にしたことはあったが、やはり晩秋から冬にかけての山ぐるみは鮮度が高く風味が好い。

日本ではまだ馴染がないこの山ぐるみは、常々おもしろい食材だと思っていた。
売れない理由は、このテイスト。
日本人には少々しょっぱくて甘いコーティングが施されている。
味が濃いのだ。
このままでは売れない。
ならば日本人が好む山ぐるみをつくってみよう。
美味しければ食べてもらえる。

その足で何件かの超市(スーパーマーケット)を廻り、目についた山ぐるみの商品を買い込んだ。
まずは日本での反応をみてみることにした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください