中国でこんな日本のモノが売れてます

一般工事用シーリング材(トスシール/モメンティブジャパン)

シーリング材とは「構造物の防水性や気密性を保持するために、継ぎ目や隙間に充塡(じゅうてん)する材料。※出典:コトバンク」です。台所やふろなど水回りの壁とテーブルや床などを見ると、境目に白くて柔らかいゴムのような物質を目にされるかと思います。これがTモールで月に約8,000個(累計55,000個)以上売れています。

他のシーリング材を扱う店舗をみてみると、中国産のシーリング材は倍近くの売り上げがあり、アメリカ製やドイツ製など外国からの輸入品も散見されます。価格帯(30~40元)、効能(防水、防カビなど)、ページの作り込みに大差はありませんが、中国産に次いで当該日本ブランドのシーリング材の販売数が多いです。

中国は、新築でも中古でも部屋の内装を業者に任せず自分たちで行うことが一般的なため、DIYは日本よりも身近で盛んです。このような中国特有の不動産事情、ライフスタイルがこれらの建築材が売れる理由のひとつと考えられます。

日本进口东芝GE83玻璃胶防水防霉厨卫胶水家用中性硅胶密封胶透明

出典: detail.tmall.com