粤港澳エリアに新しいランドマーク 深センで最も高いビルの建設が始まる

粤港澳大湾エリア(香港、マカオを含む広州、深セン一帯)に新たなランドマーク「世茂深港国際センター」が出現する。
世茂深港国際センターは約500億元が投じられ、建設面積136万平米の中に700メートルの超高層ビルの他、コンベンション施設、住居施設、劇場や美術館などマンション一体型の大型都市総合施設である。

打造粤港澳大湾区新地标!深圳第一高楼正式开建

出典: news.southcn.com

世界ブランド500選:37の中国ブランドがランクイン

2017年度の世界ブランド500選(World Brand Lab)が発表された。一位はGoogle、二位はApple、三位はAmazon。10位中9ブランドがアメリカのブランドであり、国別でみると、上位からアメリカ(233ブランド)、フランス(39)、イギリス(39)、日本(38)、中国(37)、ドイツ(26)の順である。
この37の中国ブランドには国家電網(STATE GRID)、テンセント(腾讯)、海尔(ハイアール)、华为(ファーウェイ)、中国華信、青島啤酒(ビール)など日本でも馴染のあるブランドが目立つ。また、今年新たにランクインした中国ブランドは中国南方電網、中国中車、五粮液(白酒)の3ブランドであった。500ブランドの平均年齢は100.19歳であり、100歳を超える中国ブランドは茅台(マオタイ)が418年、青島啤酒114年、五粮液108年、中国銀行の105年である。
アメリカの大学教授は中国ブランドについて、「価格やデザインは国際化に至っていないが、以降インターネットやメディアが発達するに従い、エンドユーザーとの距離が近くなり、比較的容易に世界のトップブランドとの差が縮まるだろう」さらに「欧米ではまだ定着していないが、アフリカや南米、南アジアなどの市場におけるブランド展開は見事に成功している」と述べている。

中国新聞網
2017年12月22日

日本のメディアや経済評論家もようやく中国ブランドを認める報道やコメントが増えてきたように思います。ちなみに当記事の中で、日本ブランドについては「最近立て続けに起こっているメーカーの不祥事により、その価値は暴落している」と報じています。日本企業の皆さま、一緒にがんばりましょう!

业界评世界品牌500强:谷歌排第一 中国37个品牌上榜

出典: tech.ifeng.com

新しい消費パワーが中国経済を牽引

2017年の経済発展や内需の熱量を示す指標が次々と発表されている。例えば、中国独身の日にネット上での取引販売額はアメリカのブラックマンデーの5倍、社会消費財小売総額は前年同期比10.3%増などなど。消費者の商品やサービスに対する信頼度が向上(消費者信頼指数:114ポイント超)したことや新しい商品への買い替え速度が速いことが主な要因である。一方、福祉や教育、文化、健康などへの需要は急速に増大しているが、依然として中国市場に良質な商品やサービスの供給が不足している課題も指摘されている。

人民日報
2017年12月19日

2018年は中国の一般庶民に富が再分配されつつある発展ぶりや、中産階級が中国マーケットの主役を担う傾向がより鮮明になると考えられる。

新消费 拉着中国经济跑

出典: finance.people.com.cn

新疆で世界最大級の油田発見

新疆ウイグル自治区ジュンガル盆地の瑪湖凹陥中心区において10億トン規模の礫岩油田が発見された。これは現在世界で最大級の礫岩油田である。当油田には12億4千万トンの埋蔵量があると推計されているが、その内5億トンの埋蔵が明らかにされており、この量だけでも中国最大級とされるカラマイ油田の産出量に相当する。

中国新聞網
2017年12月1日

西部大開発は中国内陸部のインフラ整備や経済を支える国家プロジェクト。新疆やチベットなど辺境の地に顕在化する経済格差是正や民族紛争の鎮静化など、地域の安定化に期待したい。

新疆玛湖地区发现十亿吨级砾岩油田 系目前世界最大

出典: new.qq.com

全国公衆トイレのアプリ配信開始

11月19日の「世界トイレの日」に合わせて「全国公衆トイレプラットフォーム(アプリ)」が配信された。このアプリを使えば中国全国の33万箇所のトイレの状態が数秒で明らかになる。実際にトイレを利用して感想や評価などの情報を構築・共有することにより、リアルタイムでトイレの管理状況を監督し、公衆トイレの管理レベルを高めることが狙い。

新華社北京
2017年11月19日

中国に生活していて便利だと実感することのひとつが公衆トイレである。繁華街でも住宅街でも少し歩くと公衆トイレが目に入り、何度もお世話になった。近年は清掃が行き届いているトイレも増えているので本当にありがたい都市インフラである。かつて中国旅行の土産話といえばトイレ事情がお約束であったが、それも今は昔。中国の公共サービスも日々向上している。

全国公厕云平台”上线:全国33万条厕所信息秒查

出典: tech.qq.com

ホワイトカラー求職調査レポート:全国平均求職月給7,599元

智聯招聘が発表した「2017年秋期中国雇用主の需要とホワイトカラーの人材供給レポート」によると、全国の主要37都市の平均求人月給は7,599元であり、前同期比3%上昇した。
北京の平均月給は9,900元であり依然第1位を保持し、次いで上海、深セン、杭州が上位を占め、これらのランキングに変動はなかった。大きな変化は、寧波の給与水準が広州を超え第五位にランクインし、海口が前期13位から一気に7位に上昇した。

9月末の全国求人倍率は30.4であった。都市別の競争度合をみると、北京、深セン、上海の順であり、瀋陽の競争指数が成都を超えていることは注目に値する。これは瀋陽が立て続けに人材優遇政策を打ち出していることが関係している。高学人材採用に助成するなど、瀋陽は人材を産み出し、継続的に優良な人材サービスを提供することに注力している。

総合的にみると、都市の求職競争指数ランキングはやや変化しているものの、それほど大きな変動はないことが明白である。しかしながら、新一線都市は急速に発展し、人材の需要は熾烈である。これらの都市は続々と人材優遇施策を打ち出し、戸籍や部屋などへの助成で人材を吸引し、一定の効果を上げている。

職種別でみると、高級マネージャーが20,019元でトップ。他の職種と比較すると唯一2万元を超えている。次いでITマネージャーで14,127元、法律・法務関連が9,252元である

中国新聞網
2017年10月19日

主要都市の平均賃金は約95,000円、北京では約17万円であり日本と大差ない。中国も慢性的な売り手市場が続いており、優秀な人材を奪い合うため賃金も上昇を続けている。

白领求职调查报告:全国平均招聘薪酬7599元

出典: news.qq.com

17地区の最低賃金が軒並み上昇 4地区で2,000元を超える

2017年の各都市における最低賃金が昨年より大幅に引き上げられた。
概算統計ではあるが、現在少なくとも17地区で最低賃金の標準値が公表され、上海、深セン、天津、北京、江蘇、山東、吉林、内モンゴル、湖北、河南、福建、山西、陝西、寧夏、甘粛、青海など17地区は昨年より引き上げられている。
昨年、最低賃金が前年より増加した地区は9地区だけであったが、今年は大幅に増加した。その中で上海、深セン、天津、北京における月の最低標準賃金は2,000元以上である。上海は2,300元で全国で最も高く、次いで深センが2,130元、天津は今年初めて2,000元を超え2,050元であり、北京は2,000元ちょうどである。
「最低工資規定」によれば、一般に最低賃金は月の最低賃金および最低時間給を示したものである。月最低賃金は全日就労労働者に適用され、最低時間給はパートタイマーに適用される。省や自治区、直轄地により、それぞれ異なる最低賃金基準で運用されている。また、正常な労働環境のもと、職場は労働者に残業代や夜勤、高温低温、有毒もしくは有害物質のある特殊な就労環境などの手当や福利厚生を除いて最低賃金支払わなければならない。
最低賃金の中には年金や保険など、いわゆる「五険一金」が含まれている地区と含まれていない地区があるなど規定が異なる。例えば内モンゴル自治区では最低賃金の中に養老保険や医療保険、失業保険などは含まれている。一方でそれらの保険は明確に含まれていない地区もあり、これらの地区では最低賃金の「お金の純度」は自ずと高くなる。北京や上海では労働者個人が支払うべき各社会保険と住宅積立金は最低賃金に組み込まず、会社などの職場が規定に基づいて支払っている。

中新網北京
2017年10月12日

保険や就労環境に関する規定は行政区によって異なるので一概に比較できないが、上海や北京などの都市部は給与体系や就労条件は良く、内陸部との差はまだそれほど縮まっていない。

今年已有17地区提高最低工资 这四地2000元

出典: www.sohu.com

中国国産の大型旅客機C191大量受注

第17回北京国際航空展で計730機を受注。2017年の5月に最初のテスト飛行が行われてから順調な滑り出しである。

2017年9月19日 新華社


国産旅客機はまさに中国之夢。日本より頭一つ出たか!と思いながら読み進めると、展示会などで実績アピールする際の入場者数や契約数で「ちょっとこの数値盛ってない?」的な数値が記されているパンフレットを思い出した。「全て国内企業からの発注では?」といったコメントも書かれている。

新华社上海9月19日电(记者贾远琨)记者从中国商飞公司了解到,9月19日,中国商飞公司在第十七届北京国际航空展上新获130架订单。C919大型客机客户总数达到27家,累计订单730架。   据悉,这130架订单包括

情報源: 国产大型客机C919新获130架订单 计划投入6架试验机开展试飞