China Dream

ここ数年、中国人のライフスタイルは劇的に変わりました。

収入は増え続け、インターネットなどの情報技術が急速に発達した時期です。
中国の友人知人は会うたびにオシャレになり、次々と起業してマンションや高級外車を手に入れました。
中国経済の繁栄やその恩恵を誇示するかのように、微信(SNS)には絶え間なくイケてる画像がUPされています。

日本のメディアや評論家は「中国経済は減速」「社会主義市場経済は幻想」と盛んに報じていますが、ショッピングモールやネット通販における圧倒的な消費パワーをダイレクトに体感すると、

幾度かの経済事故を乗り越えながら、中国市場は堅調に成長を続ける

と予測しています。

Panel 1

メイド・イン・ジャパン

中国では日本製品に対する好感度や信頼度は陰りをみせています。
日本製品に限らず、舶来品が珍しい時代はすでに終わっています。

しかし、中国人が欲しいモノはまだ日本にあります。
安心安全な食べ物やブランド品、心地よい接客など、簡単に手に入れることができない商材やサービスが数多くみられます。
今もなお高い信頼を構築しているブランド企業や世界に通用する伝統工芸品はこれからも中国人の購買欲を満たし、観光や飲食などの日本特有のサービス業は円安が終わっても高い評価が得られる商材とみています。

インバウンドの波を乗りこなしている企業やフリーランスの多くは、新しいメイド・イン・ジャパンを創り出しています。

Panel 2

中国制造

中国の街を歩けば、クールな電気自動車、高機能なガジェットや先進的なサービス、目新しいスイーツなど、日本のハイエンドユーザーが欲しがるモノが溢れていることに気づくでしょう。

また、中国で生活していると、ハードだけでなく、ソフト面でも世界を一歩リードしているのではないかと感じます。モバイルアプリは多種多様で柔軟性に富み、その使い勝手の良さに驚かされます。キャッシュレスの支払いは当たり前。無人コンビニはもう珍しくありません。高度なIoTやサービスが生活の隅々まで浸透している実態を目の当たりにし、中国の技術力とその革新速度に脅威を覚えます。

ここ最近、大陸発の電子機器やフードに注目が集まっていますが、特に中国製アレルギーの薄い若年層にその傾向があるようです。これらの若年消費者が日本の内需を牽引する頃、中国制造的(made in CHINA)の位置づけはかなり向上しているとみています。

Panel 3

スタッフBLOG

山胡桃(山ぐるみ)について

ここでご紹介する山胡桃は日本でいうオニグルミとは異なります。中国で生産されている小ぶりのクルミで、日本ではまだ知られていないナッツです。

概要:
中国語の表記は日本の漢字と同じく「山胡桃」。中国語読みはShanHeTao(シャンフータオ)。中国国内では小核桃、山哈、核桃などとも呼ばれています。中国国内ではポピュラーなテーブルナッツとして食されており、浙江省臨安が一大生産地です。華東地域(上海、浙江省、江蘇省)や沿岸部の大都市での消費が多いようです。高い栄養価を有し、疲労回復や美容、脳の活性化に効果があるといわれています。

大きさ形状:
山胡桃は、樹木の実、正確にはクルミの木になる果実の核(種子)の部分です。実の大きさは直径20~25ミリ。楕円形の卵形で外側は2~3ミリの殻で覆われています。核(実際に山胡桃と呼ばれ食べられる部分)はこの殻の中にギッチリ詰まっています。

味と栄養価:
良質なタンパク質や脂肪が多く含まれてるため、味は濃厚でクルミ特有の香ばしい風味があり、サクサクとした心地よい食感が特徴。日本で一般的に食されてるオニグルミやウォールナッツよりも歯ごたえがあり、密度が高いです。

生育生態:
山胡桃は浙江省と安徽省にまたがる天目山(1,506m)一帯のみで生育している落葉樹です。樹高は10~20メートル、樹形30~60センチ。樹皮は薄い灰色をしており、滑らかでつやがある。年平均気温15.2度程度の温暖湿潤気候を好み、最高温度は41.7度まで耐えられ、最低温度は-15度まで凍害を受けることはない。山間の疎林や腐葉土が豊富な山谷が生育に適している。4月から5月に開花し、9月初旬から中旬の実が成熟した頃合いに収穫します。

Panel 4

主要事業

物販事業

輸入販売

メディア事業

WEB制作(日本語/中国語)、コンテンツの企画制作