China Dream

ここ数年で中国人の生活や価値観は劇的に変わりました。

中高所得者層が急増し、インターネットなどの情報技術が急速に発達した時期です。
中国の友人たちは会うたびにオシャレになり、次々と起業してマンションや高級外車を手に入れました。

日本のメディアは「バブル崩壊」「中国経済は減速」「爆買いの終焉」と盛んに報じていますが、繁華街や量販店における圧倒的な消費パワーと越境ECのポテンシャルを体感すると、

幾度かの経済事故を乗り越えながら、中国市場は堅調に成長を続ける

と予測しています。

Panel 1

MADE IN JAPAN

中国でも日本製品に対する好感度や信頼度は陰りをみせています。
舶来品が珍しい時代は終わりました。

世界中の高級ブランド品、海外で話題のグルメ、秘境旅行、業界最先端のエステはもちろん、不動産でさえもネットで購入が可能です。
中国製品のクオリティも急速に向上しています。内陸部でも、ちょっとした大きな街では洗練された商業ビルに若者が押し寄せ、キャッシュレスは当たり前。無人コンビニは既に珍しくありません。

ネットのサービスやアプリも多様で柔軟性に富み、その使い勝手の良さに驚かされます。物販に限らず、ほとんどのサービスや決済はモバイルを数回タップすれば完了。高いIoT技術や新しいビジネスモデルが生活の隅々まで浸透している実態を目の当たりにする機会が増えました。

中国マーケットは我々の想像を超えるスピードで進化を続けています

Panel 2

モノからコトへ

中国人が簡単には買えない希少価値の高いMADE IN JAPANはまだ沢山あります

それは文化や伝統、安心、エコ、生活習慣やマナーといった手に触れることのできないサービスやソフト。
ミルクやオムツは衛生面や安全面、使用感など「絶対的な安心と信頼」やブランドに対して、中国人はお金を支払います。

「日本の観光資源」も有望な商材です。
風景、郷土料理、人とのふれあいや体験、旅情は中国では買えません。
現地に行かなければ手に入れることが出来ないのです。

日本に対する中国人の消費マインドは「モノ消費」から「コト消費」へシフトしています。

Panel 3

中国のニュース

急速に成長するスキー産業 まだ序章に過ぎない

中国のウィンタースポーツ市場が活況を呈している。
2018年中国スキー産業白書によれば、2000年から2018年の20年足らずでスキー場は15倍(50箇所→742箇所)、スキー人口は70倍(30万人→2113万人)に増加し、氷雪スポーツ愛好家3億人の目標も少しずつ近づいてきた。黒竜江省や河北省など中国北部ではスキー場が集中しているが、長江以南の市場も伸びしろが大きい。故にウィンタースポーツ産業においても中国は世界で最もホットで有望な市場であり、世界中から注目を集めている。

中国经济网

国土が広く、人口の多い中国ならではの産業の成長速度。現在、全世界のスキー場の三分の一が中国にある状況というから、なんともスケールのでかい話である。記事にも書かれているが、中国におけるスキー産業はまだ始まったばかり。インフラもソフトも未整備な分野は多い。2022年に北京で開催される冬季オリンピックをひとつの契機として需要が大きな高まりをみせる中、日本のスキー産業界、観光業界にも様々な商機があると期待されている。

我国滑雪场数量占全球三分之一 滑雪产业正在“起步区”

出典: travel.ce.cn

Panel 4

主要事業

メディア事業

WEB制作(日本語/中国語)、コンテンツの企画制作、展示会やイベントの企画運営

物販事業

輸入販売

中国インバウンド事業

観光客誘致プロモーション、旅行商品の企画造成